京都の山岳会 関西岩峰会 (京都府山岳連盟所属)
  • 雪原
  • 表紙3
  • 表紙2
  • 表紙1 かよこさん
  • 表紙5 海外

20190321 北岳バットレス第4尾根主稜

日時:2019/3/21-24
メンバー:鹿、樫

転職して比較的有休をとりやすくなった樫さん。飛び石連休をつなげてどっか行きましょうという話になった。せっかく休みが取れるのだから土日で行けないようなアプローチの長い山行がいい。手ごろな難しさで山深いアルパインルートということで北岳バットレスの第4尾根主稜にチャレンジすることになった。本当は3/20から休みを取って5日間使うつもりだったが、早く入山しても21日は悪天でどうせ動けないので、下界で雨をやり過ごしてから入山することにした。

3/21
午前いっぱいは雨予報。冬山装備を濡らしたくないので、午後から入山することにして、身延まんじゅうを買いに行ったりして暇をつぶす(ゆるキャン△の聖地巡礼である)。
天気が回復し始めた昼頃に奈良田の開運隧道に行ってみると、なんと工事車両がひっきりなしに行き来していて、どうも歩いて行ける雰囲気ではない。現場の方にお伺いを立てたものの結局通過の許可は下りず、途方に暮れてしまう。
残された選択肢は夜間隠密行動による鉄柵突破か、夜叉神峠からの迂回コース。楽なのは奈良田ルートだが、奈良田にとどまってもいつ出発できるかわからないし、できるだけ世間と波風立てずに生きていきたいということで、夜叉神まで回り込むことにする。(まあそっちもリンちゃんが行ってた場所なので良しとしよう…)
2時間弱かけて夜叉神峠駐車場にたどり着くと既に15時である。一般的な登山の出発時間としてはあり得ないが、行くしかない。ところがなんと無情にも駐車場の奥のゲートには「徒歩による通行も禁止」と書かれていて、極めつけに見張りのおっちゃんもいる。入山できひんやないかい!年中こうなんかな?
夜叉神トンネルが使えないとなると、登山道を歩いて夜叉神峠を越えるほかない。最高にだるいが、もう残された道はない。というかいいかげん早く山に入りたい。峠越えを決心する。ようやくスタートだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑行動食は身延まんじゅう

最近山中で連泊することがなかったので、峠までの少しの登りでも重荷が堪える。夜叉神峠から先の登山道は廃道となっている。最初と最後はピンクテープがたくさん付いていて登山道跡も明瞭だが、中間部のトラバース道は軒並み崩壊していて通れないので道を無視して尾根上に逃れるなどして時間を食う。しばらく地形を確認しながら下降し、道路に出る少し手前で登山道後を再発見して辿ることができた。荒れ果てた道で非常に疲れた。道路に出たのは17時ごろ。もう正直テントを張って寝たい。だが目的のバットレス登攀を考えると、せめて今日中にあるき沢橋まで行けていないと非常にまずい…。体はザックを背負うことを拒否するが、心を奮い立たせてまた歩き出す。林道は強烈な向かい風。鷲ノ巣山あたりで真っ暗になる。今日は逆境だらけだ。気温は高く全く寒くないのが救いか。結局あるき沢橋にたどり着いたのは20時過ぎ。テントを張ったらもうご飯を作る気力もなくなって、ウイスキーとおつまみで軽く晩酌をしただけで就寝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑夜叉神峠

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑あるき沢橋に到着

3/22
うっすら明るくなり始めてから出発。今日の仕事は池山吊尾根をひたすら登ることだ。最初は雪のない落ち葉の登山道だが、傾斜がきつくなり始めると道が氷に覆われた要アイゼンゾーン。途中まではツボ足で頑張ったが耐え切れずアイゼンを付ける。池山小屋手前の傾斜が緩くなったあたりからしっかり雪が出てきたのでスノーシューに履き替える。
古いトレースがうっすらと残っておりラッセル地獄というわけではないのだが、荷物が重くてとてもしんどい。砂払の手前で大休止×2。今日はとても暖かく、行動中はTシャツでもいいくらいだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑はあ~しんど

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ボーコン沢の頭辺り

ボーコン沢の頭を登りきると、突然目の前に北岳が現れた。圧倒的な存在感。これを見るだけでもここまで来る価値はある。
微妙なアップダウンのある広い尾根をだらだら歩き、八本歯の手前の緩くなっているところで幕営。バットレスを間近に臨める素晴らしい場所だ。
テントの中で水を作りながらラジオを聴いていると、イチロー引退のニュースが流れてきて衝撃を受けた。
新元号の発表も再来週に迫っているし、着実に時代が変わっていくのを感じる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ついに北岳と対面

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑白と黒のコントラストが素敵

3/23
夜中は少し風が吹き、気温もぐっと下がってなかなか寝付けなかった。
3時半起床の予定だったが1時間寝坊してしまい、結局明るくなってから出発。
今日は見事な雲海で遠くに富士山が頭だけを出している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑雲海を眺めながらのパッキング

八本歯のコルから第4尾根下までのトラバースはたくさんの急な小尾根や沢型を突っ切らなければならず、雪崩や滑落が結構怖いところだ。今回は一般的なDガリーからではなく、「冬季クライミング」に載っていたBガリーからのアプローチを採用した。Bガリー入り口は急な沢型となっていて、奥にはBガリー大滝だろうか、傾斜のある岩肌が構えている。その左側には急な草付きがあり、そちらは簡単そうに見えたのでノーロープで突っ込むことにした。見た目よりも岩盤が出ていて多少緊張したが、問題なく突破できた。その後は左に回り込んで第2尾根に乗り、真っ白なCガリーをトラバース。最後は第4尾根の岩盤の基部を辿ってやっと取付きに到着。
※Bガリーからのアプローチは総じて技術的な難しさは少ないが、積雪の状況によってはしんどさや危険性が格段に高まると思われるので注意が必要だろう。
(とはいってもそれはDガリーやほかのルートでも同様とは思うが)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑八本歯のコル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑トラバース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑Dガリー 奥の草付きを登った

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑第2尾根から第4尾根へのトラバース

さて、いよいよ待望のバットレス登攀だ。
取付きから見上げる第4尾根は案外緩く見える。
時間は9時前。寝坊したにしては悪くない時間かな。てきぱき登っちゃいましょう!

1ピッチ目:樫さんリード
初っ端に2~3歩程度の岩が出ていたのでロープを出したが、その後はずっとただの雪の斜面。
白い岩のクラックあたりなのだろうか、ただただラッセルがだるいのみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2ピッチ目:鹿リード
草木交じりの岩場からスタートし、ピラミッドフェースの頭を右に回り込むように雪の斜面を登る。しかし今度はすぐ下に岩盤があるようであまり安定しない。
途中草付きにイボイノシシを1本決めていくが、それ以外はあまりプロテクションをとれるような場所が見つからず、ちょっとひやひやした。

3ピッチ目:樫リード
雪稜ピッチ。雪をかき分けながらの登攀となり時間がかかる。途中岩を回り込むところなどもあって、単純ではない。
樫さんはアンカー構築に苦戦していたが、ロープいっぱいに伸ばしてマッチ箱の懸垂支点をうまく掘り当てた。
だんだん雲海が上がってきたのかガスに包まれて辺りは真っ白。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
4ピッチ目:懸垂
マッチ箱からの懸垂。掘り当てたのが左寄りの支点だったので、左の斜面に向けて降りる。特に問題なし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

5ピッチ目:雪稜
ただの急な雪稜、というか雪の斜面。
上に城塞ハングが見え、その下までは問題なさそうだったので、ノーロープで歩く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

6ピッチ目:鹿リード
技術的核心?城塞ハング。別にハングしているわけではない。
凹角は凍ったチムニーとなっており、短いが身体全体を使ったミックスクライミングだった。なんとかテンションかけずに突破。
登りきった先は雪稜になってて良いビレイアンカーが取れないので、少し手前でハイマツを掘り起こしてアンカーとした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あとは雪稜や雪壁のトラバースだけなのでロープをしまって黙々と登る。尾根を登りきった先の岩場はできなくもなさそうだったが、またロープを出すのが面倒くさいので雪壁をずっと左にトラバースして、雪のついた急なルンゼから抜けた。思い切り左にトラバースを続ければもっと楽に抜けられたような気もする。飛び出た場所は頂上すぐ近くで、1分ほど歩くと頂上にたどり着いた。今までガスガスだったが長野側は晴れており、急に視界が開けた感じでとても爽快。樫さんと登頂を喜び、叫び、称えあう。こんなに充実感ある頂上も久しぶりだ。最近は気合を入れていった山にことごとく敗退していたので、今回バットレスから登頂できたのは素直にうれしい。
時計は2時を指している。あまりゆっくりもしていられない。写真を撮ってお菓子とお茶をしっかり補給して下降にかかる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑登攀終了!

登山道に沿って下っていくと、吊尾根分岐の手前でツェルトをかぶっている人と遭遇。近くをヘリが行ったり来たりしている。話を聞くと、単独で登っていて滑落したが、別のパーティーの人がもう一人近くで滑落してヘリを呼び、併せて救助してもらえる手はずとなっているらしい。何か手伝えることはないかと聞いたが、既にヘリも来ているしこの場にとどまるのはむしろ危険だということで、僕らはそのまま降りることに。その後もヘリからスピーカーで「〇〇さ~ん、大丈夫ですよー」「もういちど行きますねー」などと声をかけるのが聞こえてきたが、それもやがて聞こえなくなったので無事ピックアップされたようだ。
八本歯を越えて昨日の幕営地に帰着。ガスはすっかり晴れ、またバットレスを抱えた北岳が悠然とこちらを見下ろしている。登ってる時も晴れていれば最高だったが、事故なく登りきってここに戻ってこれただけでも十分だろう。

デポしていた宿泊装備一式を詰めなおし池山尾根を下る。もと来た道でトレースもしっかりついていたので迷うことなく池山御池小屋へ。小屋には先客が2人いて、滑落して先に救助された方の同行者とのこと。今日の昼頃は尾根上で風が大変強かったという話だったが、僕らが登攀中にそこまで風を感じなかったことを考えると、やはりバットレスは東面なので冬型でも多少風から守られるのだろう。
夜は特に大宴会というわけでもなくしめやかに就寝。今日も一日よく頑張った。

3/24
最終日。今日は下山に注力するのみ。
登りでアイゼンが必要だったところは、昨日からの冷え込みでガチガチに凍り付いていてめちゃくちゃ怖い。本山行の核心はむしろここだったかもしれない。
鷲ノ巣山の登りが超絶しんどいのではないかと危惧していたが、登り始めると案外足が進んであっさり越えられた。あとはだらだら歩いて夜叉神峠駐車場まで。夜叉神トンネルの広河原側入り口には特に何の掲示もなかったので、通行止めは解除されたのかなと思って歩いて抜けたが、最後でゲートのところのおっちゃんから「ほんとは通行止めなんだよ」と注意をいただきながら通してもらえた。すいません。
車にたどり着いた時にはもう足が限界。新品の靴が合っていなかったようで、親指の爪が内出血を起こしていた。でもまあとにかく無事帰ってこれてよかった~。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑楽しそうな下山写真

韮崎まで下りて旭温泉で汗を流す。ぬるめの炭酸泉かけ流しで体の芯まで温まる。温泉愛好家界隈では有名な温泉らしく、管理人のおじさんがしきりに自慢していた。
温泉は飲用可能で浴場内でも飲めるのだが、おじさんのご厚意で冷蔵庫で冷やしたものをいただくと鉱物臭さが抑えられ格別だった。
温泉を出ると中途半端な時間帯だったので甲府市内の餃子の王将で適当にご飯を済ませ、甲府駅にて樫さんとお別れ。
関東に引っ越してもこうして一緒に登りに行ってくれるのは有難いことです。またよろしくお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑韮崎旭温泉

記:鹿

 

 

ブログ

20190321 北岳バットレス第4尾根主稜

日時:2019/3/21-24 メンバー:鹿、樫 転職して比較的有休をとりやすくなった樫さん。飛び石連休をつなげてどっか行きましょうという話になった。せっかく休みが取れるのだから土日で行けないようなアプローチの長い山行が …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20181230 正月山行 奥穂高岳

2018年12月30日~2019年1月1日 涸沢岳西尾根~奥穂高 メンバー3名 す、Rこ、か(記) 2018年の締めくくりは奥穂高岳。 今年は雪が少なく、スノーシューは取り付きにデポ。 12月31日 月明かりの中、山頂ア …

IMG_2350

181124-25 甲斐駒・黒戸尾根

日時 2018年11月23日夜発~25日 メンバー 会員3人(く、こ、こ) 11月23日 立山に雪上訓練に行く予定だったが天気に翻弄される。 山科駅に集合する。名神が混んでいる。甲斐駒の麓の前夜泊地に着くとめちゃくちゃ寒 …

DSCN0800

181117-18 十勝連峰 上ホロカメットク山

日程:2018/11/17-18 メンバー:鹿、他1 北海道担当(?)の鹿です。冬山一発目にカミホロに行ってきました。 1日目はアプローチに迷いながらもなんとか三段ルンゼを登り、 2日目は正面壁に行くつもりだったが取付き …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

181013 大台ケ原 1995サマーコレクション

日程:2018/10/13 メンバー:鹿、樫、他1 「1995 サマーコレクション」。開拓者の一人が会の先輩ということもあり憧れのルートではあったが、適当に登りに行ってテンションをかけてしまうのは悔しいという気持ちもあっ …

IMAG0073

181111 白山山系 銚子が峰

日時 2018年11月11日 場所 白山山系銚子が峰 メンバー く、他1 11月11日 白鳥ICから白鳥高原へのすごいヘアピンカーブでどんどん高度を上げていく。 スキー場が人工雪で部分開業していた。 石徹白から登山口まで …

DSCN0740

8/17-8/19 北アルプス 劒岳 チンネ左稜線

2018年のお盆休み。 当初は8/11から劒岳に入山し、チンネ左稜線、劒尾根主稜を登攀の予定だったが、天気がぐずついていたせいで中止になってしまった。 小豆島での地獄のような暑さの中のクライミング合宿の後、有給4日を消費 …

IMG_2023

180716 木曽川水系 エメラルドグリーンの天国 柿其渓谷

日時:2018年7月16日(月・祝) 場所:長野県南木曽町木曽川水系柿其渓谷 メンバー:く、他1 きのうの疲れもまだたっぷり体に残ったまま駒ヶ根発。 ぐるっと回って柿其渓谷の駐車場着。日差しがすでにギラギラと強い。 &n …

中アルtg柿_180827_0061

180714-15 中央アルプス 太田切川本谷

日時:2018年7月14・15日 場所:中央アルプス 太田切川本谷 メンバー:く、他2 7月13日(金) 大阪から京都までの電車の汗臭さと一杯ひっかけたサラリーマンの酒臭さがすごい。 帰ってパッキング。めんどくささがすご …

中アル_180827_0047

180428-0502 穂高連峰(春合宿)

日時:2018年4月28日〜5月2日 場所:穂高連峰 メンバ:Kの、Nち、Kやし GWを利用して4泊5日で穂高連峰のバリエーションルートを3本登ってきました。 始終好天に恵まれて、非常に疲れましたが充実した山行となりまし …

穂高_180526_0054

山行短信

【 2019年4月 】
4/29 白馬乗鞍岳 山スキー
4/28-5/4 八ヶ岳~奥秩父縦走
4/28-29 岩手山、秋田駒ヶ岳
4/27 烏帽子岩 フリー
4/23-27 台湾 玉山
4/21 烏帽子岩 フリー
4/21 氷ノ山
4/20-21 大峰 釈迦ヶ岳赤井谷 沢登り
4/20 氷ノ山
4/20 大文字山 ウォーキング
4/17 大文字山 ウォーキング
4/13 雪彦山 地蔵岳東稜
4/13 愛宕山
4/12 信楽 大鳥居 フリー
4/11 西穂高岳
4/9 信楽 大鳥居 フリー
4/7 愛宕山 安全祈願登山
4/6 愛宕山
4/6 御在所 一の谷本谷 沢登り
4/6 名張 フリークライミング
4/4 奈良 若草山  
4/4 大文字山 ウォーキング
【 2019年3月 】
3/31 鈴鹿 鎌ヶ岳
3/30 信楽 大鳥居 フリー
3/27 鈴鹿 藤原岳
3/27 大文字山 ウォーキング 
3/27 湖北 赤坂山
3/26 千石岩 フリークライミング
3/24 奥越 荒島岳
3/24 北山 地蔵山
3/20-24 北岳バットレス 第4尾根主稜
3/20 大文字山 ウォーキング 
3/20 奥多摩 雲取山
3/18 鯖街道 若狭一宮 ~ 小浜・人魚の浜
3/17 比良 釈迦岳
3/14 鯖街道 小入谷 ~ 若狭一宮
3/13 大文字山 ウォーキング
3/9-10 西穂高岳
3/9 谷川岳 東尾根
3/9 湖南アルプス 堂山
3/8 大文字山 ウォーキング 
3/5 奥越 荒島岳
3/2-3 越後 大源太山 ブドー尾根
3/2 大文字山 ウォーキング 
3/2 比良 武奈ヶ岳 
3/2 比良 打見山 
3/2 湖北 横山岳

【 2019年2月 】
2/24 岳連・積雪期登山講習会@びわ湖バレイ
2/23-24 八ヶ岳 南沢大滝・赤岳主稜
2/23 福井 銀杏峰
2/22 木曾駒ヶ岳
2/18 比良 蓬莱山 
2/17 四国 剣山
2/10-11 南紀 神須ノ鼻 フリークライミング
2/10 大峰 釈迦ヶ岳
2/10 湖南 金勝アルプス
2/10 奥越 取立山
2/9 奥伊勢 白嵓 フリークライミング
2/8 大文字山 ウォーキング
2/4 六甲山 
2/2-3 西穂高岳 西尾根
2/2 伊吹山
2/2 愛宕山 

集会予定

水曜日 開催 
※集会は基本的にひとまち交流館で行いますが、場所は変わる場合があります。集会の見学を希望の方は事前にお問い合わせいただくことをおすすめします。Email:kansaigampohkai@gmail.com

【2019年】
5/8
5/22
6/5
6/19
7/3
7/17

場所;ひと・まち交流館 京都
時間;20:00~21:30

新入会員募集

「山仲間募集中!」
関西岩峰会では随時入会を受け付けています!!
入会する前に会の雰囲気を感じてみたいと思っている方、集会や例会に参加してみたいと思っている方、歓迎いたします。事前に連絡をください。無理に入会を勧誘することはありませんので、お気軽にお越しください。

集会場所は「ひと・まち交流館 京都」です。

質問、入会問合せ等は広報担当まで。
Email:kansaigampohkai@gmail.com

アーカイブ

Copyright © 京都府山岳連盟所属 関西岩峰会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.