京都の山岳会 関西岩峰会 (京都府山岳連盟所属)
  • 雪原
  • 表紙3
  • 表紙2
  • 表紙1 かよこさん
  • 表紙5 海外

180812-20スイス ツェルマット マッターホルン他

日時:2018年8月12日〜20日
メンバー:Rこ

ブログに書こうと思いながら気がつくと一年が過ぎてしまいました。

日程は

1日目は移動日でチューリヒからツェルマットへ。

2日目はテストを兼ねてブライトホルン(4,164m・ガイド山行)登頂

5日目はクライミングのトレーニングを兼ねてリュッフェルホルン(2,927m・ガイド山行)登頂

7日目ヘルンリ小屋へ移動

8日目にマッターホルン登頂(4,478mガイド山行)。

ガイド山行はマッターホルン含め、すべて昼頃に解散する半日コースです。山行のない日はハイキングコースを歩くか観光をしました。

2日目のブライトホルンは初めての海外山行で4,000m超だったので緊張していました。ツェルマットは標高が1,600mあり、朝の6時にゴンドラ駅に集合だったので寒かった記憶があります。
ガイド1に対し、ゲストは2名でした。驚くことにもう一名は草津市在住の日本人の方でした。

ロープウェイを乗り継ぎ、マッターホルン・グレイシャー・パラダイスと呼ばれる富士山を超える3,883mにある展望台の終着駅からスタートします。
事前にガイドの装備チェックがあり、ザイルをつなぎます。スキーヤーもいる一面雪景色の広々とした所を歩きました。
雪原を歩き終わると雪の締まった硬い斜面を登りました。ガイドがアイススクリューを使っていました。
今度は岩稜地帯をトラバースしていきました。かなり高度感があり、ミックス地帯でしたので緊張感がありました。終始天気が悪かったので視界は悪かったです。
岩稜を終えると再び雪の斜面歩きになり気がつくとガイドが立ち止まり、ここが頂上だと言いました。視界が悪く頂上の実感はありませんでしたが時差ぼけや睡眠不足でしんどい思いをしていたのでひとまずホッとしました。
下山もガイドになんとかついていきました終点駅までの最後の歩きが非常にきつかったです。
解散してからは疲労から草津市の方と展望台の休憩スペースで話したり寝てしまったりしました。ローウェイの下りも気持ち悪くなりました。

IMG_0839

 IMG_0891

5日目のリュッフェルホルンもガイド1対2で行われました。陽気なガイドでとても良いガイドでした。Eggというルートで4bと記載されていました。5ピッチ以上はあったと思います。特にテンションかけることもなく頂上へ行けました。天気が素晴らしく、まさに360度のパノラマを頂上にいる3人だけで堪能出来たのはとても贅沢でした。ガイドはマッターホルンの岩場はほとんどがⅡ、Ⅲ級でウオーキングクライミングだと言っていました。一部Ⅳ級もあるがそこには太いフィックスロープが張られているとのことでした。11時半に解散しましたがあまりに天気が良く絶景だったのでしばらく写真を撮りまくっていました。

IMG_1595

IMG_0937

IMG_0970

7日目にヘルンリ小屋へ向かいました。小屋までは最寄りのロープウェイ駅から2時間のトレッキングコースを歩いていきます。途中から悪天候で雨が降ってきました。小屋はマッターホルンのヘルンリ稜の取り付き付近の標高3,200mに位置しており、とても綺麗で内装も小屋というよりホテルのようでした。2段ベッドが2つあり、4人部屋となっています。

IMG_1080

 

IMG_1082

 

夜になると夕食となり、イドが続々現れ、自分が担当するゲストの前に来てご飯を一緒に食べます。夕食を終えるとガイドが自分の部屋に来て装備のチェックを始めます。無事問題なく終えると就寝まで少し時間があったので同じ部屋のゲストと話をしました。クウェート人女性、シンガポール人男性、ドイツ人男性、皆さんとても良い人でした

翌日は4時に起きて出発の準備をし、ガイドと1対1でザイルを繋ぎ、4時50分に一斉にヘルンリ小屋からスタートします。

ヘッドライトをつけ、一列になって歩くと途中にフィックスロープが現れ、ここからへルンリ稜の岩場が始まります。岩場の連続ですが雪は無く、息が上がってしんどいですがガイドには良いペースだと励まされながら登っていきました。途中で日が差してきました。グローブ無しでは岩が冷たいのでかじかみました。IMG_1105

約4,000mのソルベイ小屋を超えて少し歩くとようやく休憩となりました。さらに上がって4,200mのいわゆる肩のあたりまで来るとアイゼンを装着をしました。ここから岩と雪の地帯となり数カ所フィックスロープも現れました。フィックスロープは綱引きの縄のうに太く、両手でよじ登りますが化繊のグローブがとても滑りました。ビレイグローブのような皮の方が滑らなくて済むと思いました

IMG_1615

ミックス地帯を超えると雪面の急登となり、アックスとアイゼンを使って登っていきます。標高もあり、体力も限界に来ていましたがガイドは一貫して同じペースなので必死についていきました。

なんとか登り終えるとガイドが笑顔で迎えてくれて少し先が頂上だと言ってくれました。狭い尾根のすぐ先に頂上の目印の十字架がありました。

僕を先に歩かせてくれて無事頂上に到達しました。時刻は8時ちょうどでした。感無量でした。ガイドと写真を撮り終えるとすぐに下山となりました。ミックス地帯は登ってくるパーティと下山のパーティで大混雑でした。下りも3時間ほどかけて降りました。疲労と登り終えた達成感から延々と続く岩場の下りにとてもうんざりしてきましたが11時過ぎに最初のフィックスロープの場所に戻ってきました。ここでガイドから無事山行が終了したことを告げられました。ヘルンリ小屋に戻ってくると同じ部屋のクウェート人とシンガポール人がすでに到着していて話をしていました。二人はソルベイ小屋でガイドに時間オーバーと判断されて下山となってしまったそうです。二人からコングラッツェと言われ嬉しかったです。後からドイツ人も無事登頂して戻ってきました。同じ部屋で登頂に成功したのは日独のメンバーとなりました。

 IMG_1103

クウェート人の女性に帰りのトレッキングルートが落石で通行止めになっていると教えてくれました。とりあえず嬉しかったのでビールを飲みましたが疲労からか気持ち悪くなりました。クウェート人は20スイスフラン(約2,200円)もするパスタを少し食べて残りを全部僕にくれました。2時過ぎになってヘリコプターがヘルンリ小屋に来て客を最寄りのロープウェイ駅までピストン輸送してくれました。やや曇りでしたがアルプスの絶景をヘリから眺められました。

IMG_1117

スイスアルプスの名峰、マッターホルンに登頂、無事目標達成となりました。

装備について
ザックは25L 山行は問題ありませんがヘルンリ小屋で一泊するときに他に荷物があったのでビニール袋に入れていましたが、もう少し容量があればと思いました。

グローブは防寒用の他に岩場用はビレイグローブがベストかなと思います。
天気が良かったので長袖だけでした。

宿泊について
ユースホステルに宿泊しました。

技術面、体力面について

マッターホルンの挑戦の目安として事前の下調べでは技術面では残雪期の前穂北尾根をセカンドでスムースに登れる程度、体力面では1,200mの高低差を3時間程度で登れる実力が必要だそうです。

僕の当時の力量としてフリークライミングで最高10bくらい。事前に笠ヶ岳を登りましたがバリエーションルートの経験はありませんでした。

ガイド代について

マッターホルンが1,215スイスフランに加え、ヘルンリ小屋の自分とガイドの宿泊費300スイスフランの合計1,515スイスフラン
ブライトホルンのハーフトラヴァースルートやリュッフェルホルンは1対2で約360スイスフラン。1対1だと費用がもっと高くなってしまいます。

ガイドの予約は日本で事前にツェルマットアルパインセンターとメールでやり取りをしました。ヘルンリ小屋の頭金(150スイスフラン)は日本でクレジットで支払いました。
現地に到着してからはガイド山行の前日にアルパインセンターに行って料金を支払い、当日の集合時間やガイド名、装備等が記載されている手配書をもらいました。現地でマッターホルンに挑戦した人に聞くと皆さんマッターホルンの前にテストや調整を兼ねてガイド山行を1〜2回程度されていました。

 

記:こ

 

 

IMG_0973

ブログ

180812-20スイス ツェルマット マッターホルン他

日時:2018年8月12日〜20日 メンバー:Rこ ブログに書こうと思いながら気がつくと一年が過ぎてしまいました。 日程は 1日目は移動日でチューリヒからツェルマットへ。 2日目はテストを兼ねてブライトホルン(4,164 …

20190706 ホタガ谷

日時:2019/7/6 メンバー:鹿、他1 大学の時の後輩の羽くんと宇賀渓のホタガ谷に沢登りに行ってきました。 雨の後だったのですが、もともと水量の多くない谷のためかむしろシャワークライムが楽しく、大変充実した遡行でした …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20190321 北岳バットレス第4尾根主稜

日時:2019/3/21-24 メンバー:鹿、樫 転職して比較的有休をとりやすくなった樫さん。飛び石連休をつなげてどっか行きましょうという話になった。せっかく休みが取れるのだから土日で行けないようなアプローチの長い山行が …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20181230 正月山行 奥穂高岳

2018年12月30日~2019年1月1日 涸沢岳西尾根~奥穂高 メンバー3名 す、Rこ、か(記) 2018年の締めくくりは奥穂高岳。 今年は雪が少なく、スノーシューは取り付きにデポ。 12月31日 月明かりの中、山頂ア …

IMG_2350

181124-25 甲斐駒・黒戸尾根

日時 2018年11月23日夜発~25日 メンバー 会員3人(く、こ、こ) 11月23日 立山に雪上訓練に行く予定だったが天気に翻弄される。 山科駅に集合する。名神が混んでいる。甲斐駒の麓の前夜泊地に着くとめちゃくちゃ寒 …

DSCN0800

181117-18 十勝連峰 上ホロカメットク山

日程:2018/11/17-18 メンバー:鹿、他1 北海道担当(?)の鹿です。冬山一発目にカミホロに行ってきました。 1日目はアプローチに迷いながらもなんとか三段ルンゼを登り、 2日目は正面壁に行くつもりだったが取付き …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

181013 大台ケ原 1995サマーコレクション

日程:2018/10/13 メンバー:鹿、樫、他1 「1995 サマーコレクション」。開拓者の一人が会の先輩ということもあり憧れのルートではあったが、適当に登りに行ってテンションをかけてしまうのは悔しいという気持ちもあっ …

IMAG0073

181111 白山山系 銚子が峰

日時 2018年11月11日 場所 白山山系銚子が峰 メンバー く、他1 11月11日 白鳥ICから白鳥高原へのすごいヘアピンカーブでどんどん高度を上げていく。 スキー場が人工雪で部分開業していた。 石徹白から登山口まで …

DSCN0740

8/17-8/19 北アルプス 劒岳 チンネ左稜線

2018年のお盆休み。 当初は8/11から劒岳に入山し、チンネ左稜線、劒尾根主稜を登攀の予定だったが、天気がぐずついていたせいで中止になってしまった。 小豆島での地獄のような暑さの中のクライミング合宿の後、有給4日を消費 …

IMG_2023

180716 木曽川水系 エメラルドグリーンの天国 柿其渓谷

日時:2018年7月16日(月・祝) 場所:長野県南木曽町木曽川水系柿其渓谷 メンバー:く、他1 きのうの疲れもまだたっぷり体に残ったまま駒ヶ根発。 ぐるっと回って柿其渓谷の駐車場着。日差しがすでにギラギラと強い。 &n …

中アルtg柿_180827_0061

山行短信

【 2019年8月 】
8/31-9/1 南ア 尾白川鞍掛沢 沢登り
8/26 谷川岳 東尾根
8/25 大台ヶ原 蒸籠嵓 ブッシュマン
8/25 裏六甲 逢山渓 沢登り
8/25 比良 蛇谷ヶ峰
8/25 大文字山 ウォーキング
8/24-25 谷川岳 湯檜曽川本谷 沢登り
8/24 大峰 深瀬谷大滝 沢登り
8/18 比良 白滝谷 沢登り
8/14-15 大雪山系 旭岳、黒岳
8/12-14 槍ヶ岳 ~ 常念岳 沢歩き縦走
8/11 比良 奥の深谷 沢登り
8/10-14 穂高 前穂4峰正面壁 滝谷登攀 
8/10-12 穂高岳縦走
8/10-11 北ア 唐松岳
8/10-11 戸隠 黒姫山、飯縄山
8/3-5 北岳 山岳診療所ボランティア
8/3-4 北岳
8/3-4 白馬岳
8/3-4 大峰 立合川 沢登り
【 2019年7月 】
7/31 愛宕山 千日詣り
7/28 台高 小橡川クラガリ又谷
沢登り
7/27-29 剱岳
7/27 石鎚山
7/26-28 槍ヶ岳 北鎌尾根
7/23 木曾駒ヶ岳
7/16 六甲山
7/13 大峰 八経ヶ岳
7/7 奥美濃 夜叉ヶ池 
7/6 鈴鹿 竜ヶ岳・ホタガ谷 
沢登り
7/6 大文字山 ウォーキング 
7/6 北ア 焼岳
【 2019年6月 】
6/29 椿岩  フリークライミング
6/23 千石岩 フリークライミング
6/22 信楽 大鳥居 フリー
6/16 京都一周トレイル 比叡山
6/16 千石岩 フリークライミング
6/9 比良 口の深谷 沢登り
6/9 鈴鹿 滝洞谷 沢登り
6/2 金毘羅 府下一斉清掃登山 
6/1 伊吹山

集会予定

水曜日 開催 
※集会は基本的にひとまち交流館で行いますが、場所は変わる場合があります。集会の見学を希望の方は事前にお問い合わせいただくことをおすすめします。Email:kansaigampohkai@gmail.com

【2019年】
7/3
7/17
7/31
8/7
8/21
9/4
9/18
10/2
10/16

場所;ひと・まち交流館 京都
時間;20:00~21:30

新入会員募集

「山仲間募集中!」
関西岩峰会では随時入会を受け付けています!!
入会する前に会の雰囲気を感じてみたいと思っている方、集会や例会に参加してみたいと思っている方、歓迎いたします。事前に連絡をください。無理に入会を勧誘することはありませんので、お気軽にお越しください。

集会場所は「ひと・まち交流館 京都」です。

質問、入会問合せ等は広報担当まで。
Email:kansaigampohkai@gmail.com

アーカイブ

Copyright © 京都府山岳連盟所属 関西岩峰会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.